シズカゲル シミウス

シズカゲルとシミウスの違いを比較

シズカゲルの効果を調べていると、よく比較されていた美白ゲルが「シミウス」です。

 

シズカゲルとシミウスの違いを知ることで、間違った商品選びをさけるメリットもあると思います。

 

それぞれの違いを、機能面、主成分面、技術面、特徴から比較してみました。

 

それは、シズカゲルとシミウスの違いと特徴をみていきましょう。

シズカゲル シミウス
画像 シズカゲル 口コミ シズカゲル 口コミ
主成分

・ハイドロキノン誘導体
・フラバンジェノール
・ビタミンC誘導体

・プラセンタエキス
・シコンエキス
・コラーゲン

無添加

無添加
7つの無添加
【界面活性剤・パラベン
・アルコール・合成香料
・着色料・鉱物油・シリコン】

無添加
独自技術 球状ラメラ構造 ダブルクリスタル製法
特徴

・医薬部外品
・敏感肌、乾燥肌でも使える

・医薬部外品
・敏感肌、乾燥肌でも使える

価格

定価:4,980円
定期初回:2,980円
2回目以降:2,980円

定価:4,737円
定期便:3,795円
2回目以降:3,795円

シズカゲルとシミウスの違い

シズカゲルとシミウスの特徴の比較

シミウスの特徴

 

シミウスの配合されている美白成分は、激が少なくお肌もやさしいプラセンタエキスグリチルリチン酸ジカリウムです。
シミを漂白する様な強い美白効果はありません。
しかし、メラニン生成を抑制しシミ発生の原因を抑えた上でターンオーバーを促進させる効果があります。

 

 

シズカゲルの特徴

 

シズカゲルの配合されている美白成分として、「アルブチン」「フラバンジェノール」を配合しております。

 

「アルブチン」は、美白成分のハイドロキノンと糖を反応させ、安全性を高めたもので、資生堂が開発した、厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分です。
効果として、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用があり、過剰なメラニンの生成を抑制することでシミを増やすことを減らします。

 

「フラバンジェノール」は強い抗酸化作用があるアンチエイジング成分で、ビタミンCの約600倍の抗酸化力があり、フラバンジェノールとヒアルロン酸を組み合わせると、そのうるおいパワーはコエンザイムQ10の約250倍、セラミドと比較するとなんと約15倍の効果があります。

 

シズカゲルとシミウスの価格で比較

 

定期購入をした場合、
シズカゲルは2,980円/月
シミウスは3,795円/月
月の差額が差額が815円になります。
1年で9,780円の差になります。

 

シズカゲルの3ヶ月分の差になります。
大きな差になりますね。

シズカゲルとシミウスの向いている特徴

以上のことをまとめると

 

シズカゲルが向いている人

脂性肌である
サラッとした感じが好み
シワ対策もしたい
コスパ重視(価格が安く長く使いたい)
外出先でも使いたい

 

 

シミウスが向いている人

ニキビが心配(肌荒れ気味な人)
こってり感が好み
敏感肌ではない
持続力重視
メインは家で使う人

page top